2018年4月16日月曜日

SNSを通しての人間関係



今やSNSは毎日のように使われるありふれたものになりましたが、私は未だにSNSを通した人間関係に不慣れなままです。(私の特性を踏まえても)
そこで、考えて思いついたことは、当たり前のことですが、人間は会話するそれぞれの相手と似合った距離というものがあるということです。現実で話し合う時は、話す距離、テンポ、声色、声量、表情、身振り等で、図らずにも距離を合わせてしまうものです。しかし、SNSだと非言語的なコミュニケーションが全て排除されてしまい画一的な距離に置かれてしまう。だからこそ、相手を不愉快にさせたり、自分が不愉快に感じてしまう。


このように、有益なコミュニケーションツールを剥奪されてしまったからには、親しい人でも、慎重に礼儀のある姿勢で向き合うこと以外できることはないでしょう。当たり前の事ですが。。当方、当たり前が足りないものでして。

0 件のコメント:

コメントを投稿