2016年7月26日火曜日

pokemonGOについて

巷で話題になっているゲームアプリ。
ingressを世に出したniantic社が開発した位置情報を利用したゲーム。
歩きスマホの助長、個人情報の流出、犯罪に巻き込まれる危険性を多く含んでいる為、
今後の行方を注視していきたいものだ。


「ポケモンGO」利用規約に仕組まれた"ワナ"

用意周到に「責任回避」が準備されている!

東洋経済ONLINEより



「ポケモンGO」大旋風、リアルの世界から見れば現実への侵入。将来の社会に無責任?
日刊工業新聞社より




因みに、こんな事を言っている私はpokemonGOのヘビーユーザーだ。
子供の頃に、仮想ポケモンごっこで遊んでいた身であるために、
このゲームは昔を思い出させてくれる思い出深いゲームなのだ。
(人を魅了させるアイディアは子供の時に生まれるものかもしれない。)
このゲームは現実との関係性をより親密にさせてくれるゲームでもある。
身近な建物、モニュメントやいままでなんとも、思っていなかった
動植物たちに対しても興味関心が持てるようになり、
このゲームを介して私の世界が拡がっている。

しかし、このゲームはマナーと安全を両方とも守らなければならない。
私たちの過った行動で仮想ゲームの将来が狭まっていき、
多くの楽しみを享受できなくなるからだ。

プレイしてる、してないにしても、その両方が気持ちよくなれるように、
節度を守ってプレイをしたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿